経営計画について

なぜ経営計画が必要なのか

経営計画は、会社が目指すべき方向へ向かうため、つまり夢を実現するための指針となるものです。
「いくら利益を上げているのか」「いくら費用を使うのか」を計画したものを経営計画に記しますが、目標とする利益を上げるために使う費用や売上高だけでなく、損益計算書や貸借対照表の目標数値も見据えていきます。

しっかりとした経営計画は経営者と社員の共通の羅針盤となり、何か迷いや厳しい判断が求められる時の判断基準となります。そうして会社の夢を具体化していくことに大きく貢献するのです。

経営計画の作成で黒字経営を力強くサポートします

経営者と社員が一丸となるための経営計画を作成するためには、必要なものが3つあります。

 

1.経営理念
2.経営戦略
3.目標

 

あなたの会社は確固たる経営理念をお持ちですか。「売れそうだからこんな商品を扱っている」「得意だからこんな仕事をしている」といったあやふやな思いでは、経営戦略も目標も立てられません。また長期的成長を続けるのは難しいでしょう。

そこでまず、あなたの会社の基本的な役割・使命(ミッション)、将来目指す方向(ビジョン)、価値観・考え方(バリュー)を明確にする必要があります。さらに事業に関わる外的な環境と、自社の経営資源など内的な環境の両方を分析・把握し、課題を見極めていくのです。

しかし経営者とはいえ、こうした計画の流れをつくり、また管理していくのは難しいことです。そこは客観的に見た専門家のアドバイスが不可欠となってきます。ぜひ、私たちを活用してみてください。

経営計画の基本事項

経営計画には、経営理念・経営戦略・目標が記されているものだといいましたが、どのような項目で成り立っているのでしょうか。ここに経営計画の基本項目をご紹介しておきます。

経営理念の確立

1.企業の基本的使命(ミッション)
2.社員全員に対する基本的な考え方(バリュー)
3.社員全員に対する基本行動(アクション)

中期利益計画の作成

1.経営計画作成委員会の設置
2.中期経営目標 
  ビジョニング 経営環境の確認 数字目標
3.経営環境の分析
  自社の強みと弱み
  ビジョンを達成するための課題
  課題を克服するための重要要因
  ビジョン達成のための行動計画

当期経営計画の作成とその手順

1.必要な基本資料
  組織 社員一覧 年間カレンダー
2.基本発表
  社長による経営戦略方針の発表
  経営理念(ミッション、ビジョン、バリュー)
  当期経営方針
  当期数字目標
3.中期経営目標
  私たちのビジョン
  企業のポジションや社員教育など
  5年後の数字目標
  5年後に向けた売上と人数のグラフ

行動計画の作成

1.会社全体の行動目標
2.部門ごとの行動目標
3.個人の行動目標

経営計画作成の流れ

まずは経営計画研修を実施し、経営の基本的手順、経営理念の確立や戦略の策定を行い、シミュレーションソフトを用いて5年後の数値を予測します。そして、以下の流れで細かな経営計画を策定していきます。

 

1.単年度経営計画策定
中期経営計画書から単年度の経営計画へ細かい行動計画や数値計画を立てます。

2.単年度経営計画方針書発表会
当期の経営方針、数値計画などを確認し、社員全員が行動計画を発表します。

3.中期経営計画の作成

今後3~5年における売上や株主資本の利益率などの目標値を設定し、計画を立てます。

お問い合わせ、ご相談はこちら 決算事前対策 決算申告代行サービス 資金調達サポート 税務顧問サポート 経営計画